RENTAL PLAN

1960~70年代、アナログ・シンセの普及と発達、1970年代、デジタル・シンセの登場。半世紀ほどの時を経て今もなお色あせない音があります。1980年代、デジタル楽器の発達、そして1990年代、ソフトウェア音源の普及、記憶に残る、思い出の音色があります。それを当時のまま、ここ新座で聴いてみませんか?

studiologic

メーカー概要

イタリアのFATARが手がけるブランド。デジタルピアノ、オルガン、シンセサイザー、MIDIキーボード等の鍵盤製品を取り扱う。

sledge

¥4,800

2013年発売。エンジン部分は「waldorf社」から提供。3OSC、2LFOのVAシンセ