RENTAL PLAN

1960~70年代、アナログ・シンセの普及と発達、1970年代、デジタル・シンセの登場。半世紀ほどの時を経て今もなお色あせない音があります。1980年代、デジタル楽器の発達、そして1990年代、ソフトウェア音源の普及、記憶に残る、思い出の音色があります。それを当時のまま、ここ新座で聴いてみませんか?

Roland

メーカー概要

スタジオ、ライブ向けのプロ用から家庭用まで、多彩な楽器ジャンルの製品を展開する日本を代表する総合電子楽器メーカー。1972年、Ace tone を退社した梯郁太郎が創業。

D-50 + PG-1000

¥4,000

1987年発売。エフェクター内蔵。LAシンセシス音源方式。16音ポリ。外部プログラマーのPG-1000付き。全てのパラメーターにアクセスできる仕様。

GAIA SH-01

¥1,600

2010年発売。アナログモデリングシンセ。最大64音。

JD-800

¥6,000

当店3台在庫有
1991年発売。108種類の波形が内蔵。小室哲哉や浅倉大介はプリセットの53番のピアノ音を好んで使用していた。

JD-XA

価格未定

2015年発売。22年ぶりの新機種。デジアナハイブリッドシンセ。64音ポリ。

JP-8000

¥4,000

1997年発売。第一世代のVAシンセ。8ボイス。アナログが持つ温かみや鋭いパワーをデジタルで再現すべく発売されたが、jupiter-6に似ていた為、jupiter-8をデジタル版で復活させようとしていたのではないかと言われた。

JUPITER 80

¥7,200

2011年発売。「Super NATURAL」音色を搭載。ライブパフォーマンスに最適な設計。

AIRA System8

¥8,000

2016年発売。ACBテクノロジーによる個性的なアナログモデリングサウンド。Plig-Outコンセプトに基づき、JUPITER-8、JUNO-106を再現

V-Synth GT Ver.2.0

¥12,000

2007年発売。独自の技術「バリフレーズ」と「VAシンセ」、「COSM」というエフェクターを装備。このGTでは演奏に対する反応までもモデリングするAPSテクノロジーも搭載。

XP-60

¥4,000

1998年発売。XP-80の61鍵版。64音。シーケンサー16トラック60000トラック。

メーカー

アナログ・シンセサイザー

acetone
ARP
crumar
moog
Oberheim
Roland
Sequential

デジタル・シンセサイザー

ACCESS
ALESIS
Clavia
ELEKTRON
KAWAI
KORG
NOVATION
Oberheim
Roland
Sequential
Studiologic
Waldorf
YAMAHA