RENTAL PLAN

1960~70年代、アナログ・シンセの普及と発達、1970年代、デジタル・シンセの登場。半世紀ほどの時を経て今もなお色あせない音があります。1980年代、デジタル楽器の発達、そして1990年代、ソフトウェア音源の普及、記憶に残る、思い出の音色があります。それを当時のまま、ここ新座で聴いてみませんか?

KORG

メーカー概要

1963年創業。日本の電子楽器メーカー。斬新なアイデアから生まれる独創的な製品は国内外を問わず多くのアーティストに愛用され、数多くのヒット商品、名機を生み出しています。

Monopory

 

¥4,000

1981年発売。4VCO,1VCF,1VCA,2EG,2LFOという構成のアナログシンセ 。基本的にはモノフォニック音源だがVCOが4つ搭載されており、別々のキーに割当るPOLYモードにすることでポリフォニックシンセとしても使えるという当時画期的なシンセ

Polysix

¥3,200

1981年発売。プログラマブル、6ボイス、ポリフォニックアナログシンセ 、かつ音色メモリー機能搭載で低価格、高額で手が出せないProphet-5を意識して開発されたとも言われている。

Trident

¥10,000

1980年発売。8音ポリフォニックシンセ、パラフォニックシンセ、ストリングスマシンの3つの音源を一体にした機種。ピアノやエレピ等の音色も入っていて当時としては最高峰のポリフォニックアンサンブルキーボード